FC2ブログ
ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


ゴールデンウィーク直前、エアコンの季節がやってきましたよ!
皆さん、お久しぶりです。
前回の更新からまたかなり時間があいてしまってすみませんでした。
そんな中でもビートのお客様にはご贔屓にしていただき
本当にありがとうございます。

さて4月も終わりを迎えゴールデンウイークなりますと
毎年のことながらエアコンの効きが悪いと言うことでご相談をいただきます。
少し前なのですがビートのエアコンコンプレッサーの交換させていただきました。
20210215_173326.jpg
ただ今回は単純にコンプレッサー交換だけとはなかなかいきません。
コンプレサー本体からゴロゴロ音がしていますので
こうなると気になるのは鉄粉がどこまでまわってしまっているかです・・・
エアコンはコンプレッサー、コンデンサー、レシーバー、エバポレーター
エキスパンションバルブ等、色々な部品で構成させれいるのですが
鉄粉がまわってしまうと詰まりを起こしてガスの通りを悪くする場合があります。
そこで欠かせないのが配管清掃!
20210215_111203.jpg
案の定、配管清掃したら洗浄液は鉄粉だらけです。
20210215_110226.jpg 20210215_110228.jpg 20210215_112751.jpg
結構大きめの破片まで出てきました。
工場によっては清掃せずにそのままと言うところもあるようですが
今回は大事をとってエキスパンションバルブをレシーバーも交換しました。
20210215_180613.jpg
車のエアコンはわりとデリケートなので修理箇所以外にも気を遣ってあげることが大事です。


スポンサーサイト



お久しぶりの更新!
お久しぶりです。
約一年ぶりの更新出ですが、みなさん元気にしてましたでしょうか。
いろいろありまして更新ができませんでしたが、仕事はちゃんとやってましたよ。
更新できない間もいろいろな方から最近更新してないねなんてお言葉をいただいたりして、ありがとうございました🙇

さて、この一年の間にもビートやら他の車やらいろいろ修理はしてきまして、ちょっと前にもビートのエンジンのオーバーホールをしたりしました。
まぁエンジンがダメでお預かりをしたのですが
状態としてはまず…エンジンオイルが白濁…(゚◇゚)ガーン



通常エンジンオイルに水が混ざると白濁します。
ここでなぜ白濁したか…あるのはヘッドガスケットが抜けて冷却水が回ってるなどがあるのですが、それだと冷却水側にもエンジンオイルが混ざってもいいはず…と悩んでいると…
見つけちゃいました、思わぬところに敵は潜んでました…



解りますか…ピンホール(☆。☆)
なんとオイルフィラーキャップに小さな穴が空いてます。



ビートはフィラーキャップの上に熱を逃がす穴があいているのそこから雨が侵入してフィラーキャップがサビて穴が空いたと思います。
確かによくフィラーキャップがサビているのは見かけますが、穴が空いたのはを見るのは初めでてす。
高くない部品ですので青空駐車の方は一度チェックをおすすめします!
ただ、ここまでエンジンオイルが白濁してるとさすがに厳しいのでオーバーホールしました。
オーバーホールに関してはいつも通り
  

ピストンリングやらステムシールやら消耗部を交換して完了!

まぁ、なかなか無いとは思いますかいろいろなことが起こると言うことでみなさんも気を付けましょう!


久しぶりの更新、アウディよプラスチック部品も考えて使えよ!
先日アウディA6RSの水漏れ修理をしました。

今回の水漏れの箇所はウォーターポンプなのでですが

実は交換後ラジエターやらオイルクーラなど次々水漏れ

…(T_T)。

水漏れに関しては一ヶ所直すと圧力が次の劣化した場所に

圧力がかかるので連鎖的に水漏れを起こすことがあります。

特にプラスチック部品を多用するようになってから

その傾向は増えた感じがします。

まずはバンパー脱着。

輸入車の場合、エンジンの前周りをやるときは

けっこうバンパーの脱着をします。

その後ウォーターポンプとタイミングベルトとラジエターの交換です。


ここまでは良かったのでが次は

エンジンとオイルクーラーを結ぶバイパスパイプから水漏れ…

このA6、オイルクーラーが右のエンジンとエンジンマウントの間にサンドイッチされていて

この車の持病みたいなものですがまーめんどくさい。



こんなところにプラスチックのバイパスパイプなんか使うなという感じです。

高い車なんだから大事なところにはお金をかけほしいものですね。

さて話は変わってビートの話です。

ちょっと前ですが車検でお預かりしたビートのハイマウントブレーキの修理をしました。

通常ハイマウントのLEDの修理と言うと歯ぬけのLEDの交換なのですが

今回はLEDが全部点かないと言うことでしたが

ランプまでて電源が来てるのでとなると後は中身!

ランプの裏側を切開して開けてみると…ダイオードが破損。



経年劣化によるものだと思いますがとりあえずダイオード交換で修理完了。

歯ぬけも何カ所があったので交換。

ハイマウントブレーキランプはもちろん製廃なのですが修理できて良かったです。









マニュアル車はやっぱり楽しい!&3Dプリンターによる部品作り!
寒くなって来ましたが皆さんお元気でしょうか。

さて先日ニューミニのクラッチ交換をしました。



実は最近、密かなマニュアルミッションブームらしく

マニュアル車が高値で売られてるみたいです。

最近のオートマは性能も良くなりスポーツシフトなども良くなりましたが

車を操る操作感はやはりマニュアルにかないませんね。

話しはクラッチ交換に戻りますが外車のクラッチ交換と言っても

特に日本車とはあまり変わりません、強いて言えばフロントバンバーを外すぐらいでしょうか

さてミッション脱着でクラッチはと言うと…カスだらけです。



さすがに走行不能になるまでクラッチか無くなるとカスだらけになりまね。

ちなみにニューミニのフライホイールですがダンパー式のフライホイールを採用してまして。



変速時のショックを二重構造にする事で軽減してます。

話は変わりまして前のブログでも紹介しましたが

3Dプリンタでの部品作り。

まずはライトの一部分を作製。

欠けた部分がないとボルトでの固定が出来ないので3Dプリンタで作って接着剤で取り付け。

 

次はマツダ・ルーチェのパワーウィンドウのガラス修理。

パワーウィンドウレギューレーターのガイドレールとガラスを繋ぐための部品ですが粉々になってます。

実はこの部分だけでは部分の設定が無くガラスASSY交換になりますと言うとことですが、

もちろんそのガラスASSYも廃盤(T_T)と言うことで作りました。

 
 

この様に今後も3Dプリンタによる部品作り進めて行きたいと思います。




整備工場の未来とは?
10月に入って少しは涼しくなってきましたが
皆さん車の調子はいかかでしょうか。

さて車の修理で困ることは何でしょうか…

と言っても部品が無い工具が無い資料が無い

などいろいろ有りますが

今回は部品が無いについててのお話

実は最近、3Dプリンターを購入しまた。



勘の鋭い方ならもうわかると思いますが

3Dプリンターで部品を造ってしまえと言うことです。

車の部品はプラスチック部品をかなり使ってます。

しかも廃盤になったり、ギアが一つかけただけで

ASSY交換などザラですそこで3Dプリンター!

ただ、まだまだ勉強中なので複雑な形は造れませんが

何個か作ってみました。

まずはライトの調整用ギア!



古いハイエースなどはライト調整用のネジか付いていて

運転席の足元から調整できるのですか

プラスチックの経年劣化で割れてネジが空回りします。

そこでギアを作製しました。

次はライトのステーです。



事故などでライトを破損するとステー部分が折れてしまい

しっかり固定できずにガタがでたりします。

ただライト自体の機能は問題ので

ステー部分のためやだけに交換するのはもったいない

そこで欠けた部分を造って保守します。

写真の補修部品は白ですが黒で造ればばっちりです。

次にプリウスのリアゲートスイッチ。



プリウスのリアゲートスイッチは経年劣化で

ゴムか溶けてベトベトになります。

この症状は保証延長なっていますが
年式よっては延長保証も切れている車両も有るかと思います。

これを交換しようとするとスイッチASSYの交換になりますのでもったいないですね。

そこでガバーの作製。

とりあえず代車のプリウスなのでとりあえずで造ってみました。

採寸も正確にしていないのでですがとりあえずできました。

次はパワーウィンドのスイッチの部品。



ダイハツ系の古目のパワーウィンドウのスイッチは

プラスチック部品が折れてガバガバになることがあります。

たかだか1cm程度の部品ですが無いだけで機能しなくなります。

といったように3Dプリンターによる新しい整備工場のあり方みたいなものを感じることができました。

近い将来、車の整備工場はメーカーから部品データや廃盤の部品データをネットで買って自社で造って修理みたいなこともなるのかな…ふと思ったりします。