ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


今年もよろしくお願いします
今年に入って早くも1ヶ月が終わりますが皆さんお元気でしょうか
今年もよろしくお願いします
さて、先日ですがワーゲン・ゴルフの車検をさせていただきました。
20170130160825079.jpg 
特に故障は無いのですがブレーキのマスターバックにつながっているホースの交換をさせていただきました。
20170130160903196.jpg 
このホース以前にも書いたことがあるのですが日本車ではゴムホースなのですが
ヨーロッパ車ではわりと樹脂ホースが使われています。
しかしながらゴムホースにくれべて伸縮性がないので
エンジンルームの熱によって縮で裂けることがよくあります。
20170130160931374.jpg 20170130161001451.jpg 20170130161020504.jpg
特にブレーキのマスターバックと言うブレーキ補助装置につながっているホースですので
ホースの隙間からエアーを吸ってしまうとエンジンからの負圧が無くなってしまうので
大変危険です。
このホース見た目で判断できますが見える側が切れてるとは限りませんので
是非手で触って確認することをおすすめします。
話は変わって昨年ですがビートの車検をさせていただきました。
20170130161545658.jpg 20170130161322265.jpg
内容はプラグコードの交換等の作業で車両の状態も非常にいいコンディションでしたが
一緒にビートの部品で有名なSSIさんの用品取り付けをさせていただきました。
防眩ブルードアミラーとルームミラー、ショートアンテナ・クリアレンズサイドマーカーetc・・・
20170130161159905.jpg 20170130161233011.jpg 20170130161721373.jpg
特にクリアレンズに関してはずっと在庫が無かったのですが再販されましたので
欲しい方は早めに頼んだ方が良いですよ。
後タイヤ交換をさせていただきました。
今回はダンロップのダンロップ ディレッツァをチョイス!
20170130161500327.jpg 
どちらかと言うとスポーツ走行よりのタイヤでなかなかいい仕事をしてくれますよ。

スポンサーサイト
まだまだ乗れるぞ!

ビートの幌をを交換しました。

  

当社に入ってくるビートでも何台かリヤスクリーンが割れたり劣化による
幌の亀裂を目にすることが多くなりました。
幌やリヤスクリーンはまだ新品部品が出ますので気になっている方は是非おすすめします。

続きまして当社で寝ていたビートを起こしました。
 
バージョンFの無限使用とでも言いましょうか。
無限ホイールに無限のハードトップ!
と言ってもまだまだでエンジンが掛かるようになったぐらいの話なので
完成にはまだまだ先の話ですがとりあえずインジェクションの清掃・燃料タンクと燃料ポンプの交換。
さすがに2年以上寝ていたので過去最高の汚れ具合!
  
更に社内を移動中にドライブシャフトの破損(T_T)
これから先も色々でそうですがとりあえず動くようになりました。

最後に当社でもミッション内部のベアリング交換の作業をできる様になりました。
  
とりあえず内部のベアリング6つの交換になりますのでご希望の方ご相談下さい。

ちょっと前の外車は意外とシンプルで修理がしやすい
先日、ベンツW190のショック交換とボルボV70のタイミングベルト交換をしました。

ちょっと前の外車は意外とがシンプルで修理も意外とやりやすいんですよね。

今回、W190はショックをビルシュタインに交換しますがもともとのショックもビルシュタインでした。



あまり大きく名前がはいってはいないですがベンツマークの隣にビルシュタインと刻印されています。



さすがはベンツ!純正ショックがビルシュタインとはいいですね。

交換前はバンプラバーもボロボロで少々へたり気味だったのにショックを交換で

走りがシャキッとしました。

ついでにプラグ、プラグコード、コイル、ディスビキャップも交換!



W190も年式はかなり古めなので交換できるときに色々交換しましょう。

ボルボV70はタイミングベルトの交換をしました。



エンジンルーム内は意外とスペースがあるので作業性もよくすんなり交換できました。

外車のタイミングベルトはメーカー推奨の走行距離よりも早めの交換をお薦めします。





ウォーターポンプも樹脂化で・・・(T_T)
先月、アウディA3のウォーターポンプからの水漏れで

ウォーターポンプの交換をしました。(最近結構おおいいですw)



ここ数年でエンジン部分の色々なものが樹脂化になってまして

ウォーターポンプもアルミ等から樹脂に変わりました。

軽量化、成型のしやすさ、コスト削減といろいろと理由はあると思うのですが

でも一番大事な信頼性について考えどころですね。

いくらゴムで出来きたОリングがあるとはいえ樹脂そのもの熱による変形には

対応仕切れるわけも無く冷却水漏れをします。

まぁ、メーカーもそれをわかってか純正部品も少しずつ変わってますが・・・

作業自体はちょっと奥まったところにあるのでやりにくいですが大丈夫です。



ポンプも小さなベルトを使ってまわしていますので一緒に交換ですね。



アウディだけでなく最近のワーゲンもこの手のウォーターポンプを使っているので

ワーゲンユーザーの方も気をつけてください。
ブローバイガスはちゃんとエンジンに戻しましょう
先日、BMW・318iをフォルクスワーゲン・パサートの

PCV(ブローバイバルブ)の交換修理をしました。



どちらもエンジン不調で入庫です。

車はエンジン内の未燃焼ガスをもう一度インテークマニホールに戻すようになっていますが

その際、逆流しないようにブローバイバルブが付いています。

まれにオイルで目詰まりをおこしたり空気を吸い始めたりと故障して悪さをし始めるときがあります。

ワーゲンの場合は手前にあるのでたいした作業ではないのですが

BMWの場合エンジンの奥についているのでちょっとめんどくさいです。


あんまり壊れることはありませんが走行距離の多いい方は気をつけましょう

話しは変わりますが、皆さんご自分の車の車検証はごらんになっておりますでしょうか。

今年からですが車検証の備考欄にある項目が増えました!それは・・・


「受険種別・検査時の点検整備実施状況・受検形態」と言う3項目が追加になりました。


写真に一覧がでてますが自分の車の車検受検状態がわかります。

車検場に持ち込みなのか点検記録簿記載ありとか代行業者の持ち込み車検なのかと

いろいろ判る様になっています。

なので一度、車検が終わって車検証をもらったら見てみるの面白いですよ。

後、中古車で購入された時にも参考になりますのでチェックしてみてください!