FC2ブログ
ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


マニュアル車はやっぱり楽しい!&3Dプリンターによる部品作り!
寒くなって来ましたが皆さんお元気でしょうか。

さて先日ニューミニのクラッチ交換をしました。



実は最近、密かなマニュアルミッションブームらしく

マニュアル車が高値で売られてるみたいです。

最近のオートマは性能も良くなりスポーツシフトなども良くなりましたが

車を操る操作感はやはりマニュアルにかないませんね。

話しはクラッチ交換に戻りますが外車のクラッチ交換と言っても

特に日本車とはあまり変わりません、強いて言えばフロントバンバーを外すぐらいでしょうか

さてミッション脱着でクラッチはと言うと…カスだらけです。



さすがに走行不能になるまでクラッチか無くなるとカスだらけになりまね。

ちなみにニューミニのフライホイールですがダンパー式のフライホイールを採用してまして。



変速時のショックを二重構造にする事で軽減してます。

話は変わりまして前のブログでも紹介しましたが

3Dプリンタでの部品作り。

まずはライトの一部分を作製。

欠けた部分がないとボルトでの固定が出来ないので3Dプリンタで作って接着剤で取り付け。

 

次はマツダ・ルーチェのパワーウィンドウのガラス修理。

パワーウィンドウレギューレーターのガイドレールとガラスを繋ぐための部品ですが粉々になってます。

実はこの部分だけでは部分の設定が無くガラスASSY交換になりますと言うとことですが、

もちろんそのガラスASSYも廃盤(T_T)と言うことで作りました。

 
 

この様に今後も3Dプリンタによる部品作り進めて行きたいと思います。




スポンサーサイト
整備工場の未来とは?
10月に入って少しは涼しくなってきましたが
皆さん車の調子はいかかでしょうか。

さて車の修理で困ることは何でしょうか…

と言っても部品が無い工具が無い資料が無い

などいろいろ有りますが

今回は部品が無いについててのお話

実は最近、3Dプリンターを購入しまた。



勘の鋭い方ならもうわかると思いますが

3Dプリンターで部品を造ってしまえと言うことです。

車の部品はプラスチック部品をかなり使ってます。

しかも廃盤になったり、ギアが一つかけただけで

ASSY交換などザラですそこで3Dプリンター!

ただ、まだまだ勉強中なので複雑な形は造れませんが

何個か作ってみました。

まずはライトの調整用ギア!



古いハイエースなどはライト調整用のネジか付いていて

運転席の足元から調整できるのですか

プラスチックの経年劣化で割れてネジが空回りします。

そこでギアを作製しました。

次はライトのステーです。



事故などでライトを破損するとステー部分が折れてしまい

しっかり固定できずにガタがでたりします。

ただライト自体の機能は問題ので

ステー部分のためやだけに交換するのはもったいない

そこで欠けた部分を造って保守します。

写真の補修部品は白ですが黒で造ればばっちりです。

次にプリウスのリアゲートスイッチ。



プリウスのリアゲートスイッチは経年劣化で

ゴムか溶けてベトベトになります。

この症状は保証延長なっていますが
年式よっては延長保証も切れている車両も有るかと思います。

これを交換しようとするとスイッチASSYの交換になりますのでもったいないですね。

そこでガバーの作製。

とりあえず代車のプリウスなのでとりあえずで造ってみました。

採寸も正確にしていないのでですがとりあえずできました。

次はパワーウィンドのスイッチの部品。



ダイハツ系の古目のパワーウィンドウのスイッチは

プラスチック部品が折れてガバガバになることがあります。

たかだか1cm程度の部品ですが無いだけで機能しなくなります。

といったように3Dプリンターによる新しい整備工場のあり方みたいなものを感じることができました。

近い将来、車の整備工場はメーカーから部品データや廃盤の部品データをネットで買って自社で造って修理みたいなこともなるのかな…ふと思ったりします。



夏も終わりましたが…
久ぶりの更新です

皆さん夏も終わりましたが今年のビートのエアコンの調子はいかがだったでしょうか、快適でしたか?

さて今年も8月はエアコン修理のオンパレード!と言うことでビートもエアコン修理です。

一台目はコンフレッサーの修理をしました。
とは言ってもいろいろ有るのですがコンフレッサーでのガス漏れですね。

コンフレッサー内にはガスが入っる訳ですが構造的にセンターにエアコンベルトにつながるシャフトが有ります。
そがこにガス漏れないようにシールがあります。
通常のオールシールとは違いメカニカルシールと言うものが使われていてガスなどの圧がかかると密閉されるシールです。

写真でも欠けてるのがわかりますね。
ガスちょっとした傷でもって抜け行きますので油断できませ!

二台目は、圧力スイッチ本体からガス漏れが有りましたので交換しました。
エアーで圧力をかけると泡が出てきまた。

でもって一緒にレシーバーも交換。

レシーバーとは、検索してもらえばわかるのですが
大まかに言うとフィルターになります。
中には活性炭が入っていて配管内の水分を取ったり鉄粉を取ったりしています。

古くなってるとフィルターが詰まったりしてガス詰まりの原因になったりします。
しかもビートの場合新しいレシーバーにすると部品変更で
サイトグラス付きになります。

サイトグラスとはガス量を見るためののぞき窓ですが
古くなってると汚れてなどでほとんど見えなくなります。

ビートも入庫してくる車両のほとんどが見えませんが
新しいレシーバーでは見え様になるので助かります。
後は配管を清掃して終了です。
配管内にも汚れが残っているのできる限り綺麗にします。

今年は本当に暑かったてです。
来年もこんな調子なのかと思うとエアコンが効いてない車は乗りたくないですね。

余談ですが今、極上ビートを販売しています。
平成7式の最終型のグリーンのビートです。
これからオープンカーシーズン!
程度のいいビートもほとんど見なくなりました。
お考えの方は是非ご連絡、お待ちしております!



値段は張りますがビートを惚れ直しますよ!
皆さん関東も梅雨になりそうですがいかかでしょか。

梅雨と言えば雨、雨と言えば雨漏れと言うことで

幌の張り替えはいかがでしょうか!

エンジンのオーバーホールをさせていたただいたビートの

続きですが幌の交換もさせていただきました。

幌自体はお客様で社外品の幌を注文していただきましたが

トップフリークスの幌です。



ネットでもいろいろ書かれていますが質感もすごくいいです。
純正幌と違いボルト穴が無いので

穴を開けなければならないのがおしい!

穴開けは失敗できませので慎重に穴開けをします。



完成後はリアスクリーンも純正初期型の幌のように

クリアバージョンです。

幌がダメだとボロい印象ですが

逆に幌が新しいとバシッと締まるので

またビートを惚れ直しますよ!

追加でエンジンフードもクリアに交換です。



こちらもオーナーさんの方で手配してもらいました。

これでオーバーホールしたときの結晶塗装を

やったかいがあります!

ちなみにスモールライトと連動してますので夜でも大丈夫です。
最近は板金もエコな時代です。
車業界はちょっと前まではCMで燃費、燃費、燃費と騒いでたのに

今やすっかり燃費の文字を拝見することがなくなりましたが、

その代わりどこのメーカーも安全だ、自動ブレーキだの騒いでます。 

他にアピールるすことは無いのかねと思いますが皆さんいかがでしょうか…

さて先日、フォルクスワーゲンの板金をさせていただきました。
20180209151908179.jpg 
フォルクスワーゲンでは少し前からですがドアの外側部分の

パネルだけリペア部品としての供給があります。
20180209151946476.jpg 20180209152034701.jpg
 ドアパネルAssyよりも値段が安いのでトータル金額も安く抑えるこどができます。

 さすがエコ対しては最先端の国のメーカーですねですね。

 日本でもこの方法が出来ればいいんでしょうけど

日本ではドアAssyの部品の値段がドイツ車の半分から2/3ぐらいなので

そんなに気にしなくてもいいのですかね…

部品の値段が安いならAssy交換でもいいのか…

それとも限りある資源を大事にする方が大事なのか…

考え方の違いはけっこうありますね。