ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


最近は板金もエコな時代です。
車業界はちょっと前まではCMで燃費、燃費、燃費と騒いでたのに

今やすっかり燃費の文字を拝見することがなくなりましたが、

その代わりどこのメーカーも安全だ、自動ブレーキだの騒いでます。 

他にアピールるすことは無いのかねと思いますが皆さんいかがでしょうか…

さて先日、フォルクスワーゲンの板金をさせていただきました。
20180209151908179.jpg 
フォルクスワーゲンでは少し前からですがドアの外側部分の

パネルだけリペア部品としての供給があります。
20180209151946476.jpg 20180209152034701.jpg
 ドアパネルAssyよりも値段が安いのでトータル金額も安く抑えるこどができます。

 さすがエコ対しては最先端の国のメーカーですねですね。

 日本でもこの方法が出来ればいいんでしょうけど

日本ではドアAssyの部品の値段がドイツ車の半分から2/3ぐらいなので

そんなに気にしなくてもいいのですかね…

部品の値段が安いならAssy交換でもいいのか…

それとも限りある資源を大事にする方が大事なのか…

考え方の違いはけっこうありますね。

スポンサーサイト
あけましておめでとうございます🙇
あけましておめでとうございます。

昨年はビート乗りの方やその他大勢の方に

お世話になりました、ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします🙇

さて昨年は年末まで忙しくてブログをなかなか

更新できませんでしたので久しぶりの更新です。

昨年の話しですがビートのボンネット、フロントバンパー、左フェンダー、左ドアを板金塗装させいただきました。



事故車修理ではありませんがユーザーさんの綺麗に乗りたいとのことで作業をさせていただきました。

特にボンネットのクリアハゲと凹み、バンパーの割れを補修

 

ビートのカーニバルイエローとフェスティバルレッドは色あせや劣化が激しいので

外装が悲しい事になってる方は一度再塗装してみてはいかがでしょうか!

話しは変わりますが、プジョー206のコラムスイッチを交換しました。

 

コラムスイッチも壊れるとウォシャーが出なくなったりライトがつかなくなったりしますので気を付けてください。

では2018年もよろしくお願いします🙇
エンジンオーバーホールしました!

ビートのエンジンの載せ換えをさせていただきまた。

今回は当社で在庫していたエンジンをオーバーホールして載せ換え

オーバーホールなのでとにかくバラバラです。

20171125104340709.jpg 20171125104407182.jpg 20171125104321774.jpg

さらにスラッジ汚れを取るために洗浄剤に漬けて汚れを取って行きます。

20171125104042317.jpg 

またメタルベアリングはプラスチゲージでの計測も問題なし。

20171125104447811.jpg 20171125104218510.jpg 20171125104259550.jpg

ただピストンリングにつきましてはビートの持病のオイル上がりの予防の為交換。

今回、エンジンを組むにあたってオイル量を増やしたいとの

要望が有りましたので、オイルパンに下駄をかませてオイル量を

増やしましたが、ここで今回は一工夫!

オイルパンが下がると言うことはノーマルのストレナー位置ですと

オイルパン底との距離が伸びるのでノーマルのストレナーに下駄の分延長しました。

20171125103941200.jpg 

こうすることで、何かの原因でオイルが減ってきてもオイルを吸うことができるので安心です。

さらに結晶塗装のヘッドカバー・インテクークマニホールドです。

20171125104007933.jpg 20171125104151220.jpg

こちら持ち込みしていただいた物ですが、当社でも結晶塗装ができますので

ご希望の方はご相談ください。

でもってさらにシリコンホースも交換!

こちらも持ち込みですがブルーがやる気させますね。

20171125103952217.jpg 

やっぱり、一から組んだエンジンは音も静かで振動も安定しています。

20171125183054067.jpg

長く乗っていると、くたびれたエンジンでもこんな物かと感じてしまいますが

一度、エンジンのリフレッシュをお考えの方はご相談ください。


さらにもう一台!

オーバーヒートの修理をしました。

今回はファンスイッチの交換

画像 24297

古くなってくると、ファンが回ったり回らなかったりしますが

回らないとオーバーヒートの原因になりますので要注意!

一度も交換してない場合は予防整備で一度交換してもいいかも知れません。

ちなみにですが軽自動車でも最近よく見かける白ナンバー。

ラグビーナンバーとオリンピックナンバーですが今回オリンピックの柄入りで交換しました。

20171127085401941.jpg 

白ナンバーと違い派手なので目立ちますね。


オープンの季節でも雨続き(T_T)

久しぶりの更新です。

9月はバタバタして更新ができませんでした。

でもそうこうしてるうちに10月になって涼しくなってきました。

これからは紅葉の時期なりますのでオープンで

箱根あたりは気持ちいいでしょうねと思ったら・・・雨続きで残念です。


さて先日、ビートのファンモーターの交換をしました。

20171016093311832.jpg

もちろんビートのファンモーターは廃盤ですので、

以前もブログで書きましたがオデッセイのファンモーターを流用しました。

ボルトの位置が違うので穴あけは必要ですがモーターサイズが近いの

でもシュラウドにもすっぽりはまりますので大変助かります。


次に無限のエキマニとマフラーを交換させていただきました。

さすがに無限、仕上げもすごく綺麗に仕上がってます。

両方交換してもアイドリング時の排気音は静かですし

まわしても下品にならに排気音でスマートに乗るにはとてもいいと思いますよ。

ちなみですが今回はエキマニにバンテージは巻いてませんが

お客様のご要望でリヤパネルに断熱シートを貼り付けました。

昔からビートのECUへの熱対策として有名ですが

作業としては特に難しいことはないので施工しても損は無いと思います。

それと最近、ラグビーナンバーやオリンピックナンバーの影響で白いナンバープレートの

軽自動車を見かけるようになりましたがビートでの白ナンバーも悪くないですよ。


使える部品どうにかして使いましょう!

雨の日が多いいですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

20170701153938694.jpg

先日、ビートのオーディオ取り付けをさせていただきました。
オーディオ取り付け言ってもオーディオレスのビートですのでセンターコンソールは小物入れのままです。
今となってはかなりレアですね。
20170701151434944.jpg 
ちなみにですが発売当時、オーディオレスだとスピーカーもアンテナも付いてこないので今回はスピーカーとアンテナを取り付けました。
20170701151443219.jpg 20170701151439238.jpg
オーディは記念モデルも考えましたが、今回は程度のいい中古で対応。
アンテナに関してはアンテナセットがまだ新品が取れますので新品を
スピーカーはクラリオンのSRT1633を選択。
20170701151430015.jpg 
作業はさほど難しくはありませんがアンテナの配線を前まで引っ張るのがちょっと時間がかかるぐらいでしょうか。
純正のスピーカーも破れて音がビビッたりしますので音がおかしいなと思ったら交換をおすすめします。
後、話はトゥデイに変わりますがエンジンマウントと修理をさせていただきました。
車はエンジンの振動を車両に伝えない為にゴムを使うのですが年数が経ちゴムがヘタってくると
エンジンの振動を抑えることができずに車両側に伝わってしまいます。
そこでエンジンマウントの交換になるのですが今回は平成1年式のトゥデイ!
新品部品はすでに無く、最後の手段として今あるエンジンマウントを強化剤を使って振動が少しでもましになればと考えました。
とわ言っても強化剤も一番やわらかいやつをチョイス!
取りあえずエンジンマウントをはずすと案の定下に下がってます。
20170701151416190.jpg 
しかしこの状態のまま強化剤をながしこんでも意味が無いので、工具を使いカラーの位置を
新品の時の位置まで持ち上げた状態で流し込みます。
20170701151420480.jpg 20170701151407719.jpg
横置きエンジンマウントもプレスで元の位置に戻した状態で強化剤を流し込みます。
20170701151411577.jpg 
もちろん完成したエンジンマウントはカラーの位置が上がりエンジンの震動は完全ではないですが
少し抑えることができました。
ビートと似た様な年式のトゥデイですが部品の出るビートはまだありがたいですね。