ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


またまた出ました新刊です!

最近、またまたビートの本が出ましたよ。
こりもなく購入しましたが、内容はと言うと、まぁ目新しい情報はあまりないのですが一応購入です。


でもって最近のビートとしてはワイパーブレードを交換しました。
たいしたことではありませんが、新車当時から付いてるワイパーのゴムは最近あまり見ないタイプが付いてますので、いざ交換しようとすると売ってない場合があります。

後、一応ワイパーブレードの良否としてはブレード外してみて、ちょっと振ってみて
その時「カシャカシャ」と音がしてブレードのガタがひどけれは交換時期です。
以前、ワイパーゴムを作っているメーカーさんに聞いたのですが
ワイパーゴムは1年でブレードは2年交換が望ましいと言ってました。
ブレードに関しては2年は早い気がしますが2回の車検に1回ぐらいは交換してもいいかもしれませんね。


後、ビート乗りの方が車検で入庫してくれました。
ありがとうございます。
しかし、うちのビートは今年の猛暑にやられてボディはカサカサの真っ白状態!
これでは代車に出すのは申し訳ないと思い前日の夜に「バフがけ」をしました。

でもって「なんと言うことでしょう~」
ボディは綺麗な見違えるようになりました。
車は手おかけただけ答えてくれますの感動ですね。

今年の猛暑でやられた皆さまのビートもまだ間に合います。
涼しくなってきましたからビートのお肌のケアも忘れずにしてあげましょう!
スポンサーサイト
オシロスコープも使ってます

ビュイックの修理をしました。
いつも修理をさせていただいているお車です。
ありがとうございます。

しかし今年に入って3回目の入庫ですが年式的に考えて、今が厄年かもしれませんね。
ただこれを過ぎるとまた快調に乗れるようになると思いますので頑張ってください。

でもって今回の修理内容はエンジンがかからず、ウンともスンとも言いません。
しかもエンジンチェックランプが点かないので故障診断機をつないでもわからないので手探り故障を見つけるしかありません。

でもって、いろいろ見ているとどうやら火が飛んでない事が判明!

実はこのビュイックはクランク角センサーを2つありまして、火花を飛ばすタイミングを見ていますが1個のクラン角センサーがダメになってました(今回はオシロスコープでセンサーの波形を見ながら作業しました)・・・と思ったら配線がボロボロになってました。

2個のうち1個はエキマニのすぐ横を通ってまして排気熱と経年劣化とで配線の被服が剥がれ配線がショーとしてました。

なので今回はセンサーは生きていたので、新しい端子で配線を作り直しばっちり直りました。(^^)V

なかなか写真の状態まで配線がダメになる事は少ないのですが、エンジンルームで配線等を引く場合には熱対策をしてから配線を引きましょう。
ブレーキバルブは切れてませんか?


レンジローバーの修理をしました。

内容はブレーキランプが点かないと言うことで、ブレーキランプスイッチの不良でした。

バラしてみるとスイッチの中の端子が折れて、導通が無くなってました。
ほとんどのブレーキランプスイッチは構造がシンプルなので壊れることは滅多に無いのですが、まれにこういった事が起きます。
でもって、半田で溶接すれば直るのですが今回はブレーキに関わる事なので安全を考え新品部品と交換したのですが、来た部品は違う形の違う部品が来ました。(?_?)

これって対策品なのか・・・?
違う車種の部品の流用なのか・・・?
ちょっと情報がないためわかりませんが・・・
後、そのままでは付かないので変換ハーネスが必要ですのでDAYで交換される方は気お付けてください。

しかし最近、ブレーキランプもそうなのですが、バルブ切れの車をよく見かけます。非常に危険ですが何故バルブ切れの車が増えたのか、ちょっと考えてみたのですが、原因の一つにガソリンスタンドセルフ化が有ると思います。

昔はスタンドでガソリンを入れる時に、「~バルブ切れてますよ」て言ってくれたものです。でも最近はセルフ化がすすみ従業員の車の誘導もなく最初から最後までお客さんがやるシステム。
ましてやスモールバルブやヘッドライトバルブの切れなどは気づいても、ブレーキバルブはリヤですからブレーキを踏んだ時にしか点きませんので鏡で見るか誰かに踏んでもらわないとわかりません。

とっ言うことでガソリンスタンドのセルフ化が進むことでより車の整備などに対しての自己責任がさらに問われるようになりました。がその反面、買ってから一度もボンネットを開けた事のない方が大勢いる車社会では車の自己管理は非常に難しいと思われます。
なので、1円でも安いセルフスタンドに行きたくなる気持ちも分かりますが2回に1回ぐらいは整備士の方がいるスタンドに行きましょう。

でも、スタンドの方は「タイヤがダメだ」「オイルが汚れてる」などのノルマがありますのでいろいろ売りに来ますがその辺は鵜呑みにせずに修理工場に見てもらいましょう。
この辺のさじ加減は難しいですがスタンドと修理工場をうまく使い分けて楽しいカーライフを!
パワステだって大事です。

フォルクスワーゲン、パサートのパワステポンプを交換しました。

パワステポンプは新品もとれるのですがリビルトで交換しました。でも日本車と違いリビルトでも結構いい値段するんですよね。

でもって故障の原因ですがオイル漏れによるもので写真を見ていただくとわかりますが軸が少し出っ張っています。パワステの軸にガタができてそこからオイルが漏れてパワステポンプの不良になったみたいです。

パワステは据え切りなどするとけっこ負荷が掛かります。駐車場が何回も切り替えさないと入らないようなような場合は気お付けてください。
ありがとうございます。

アルファロメオ147の車検をさせていただきました。
ありがとうございます。

それにしてもアルファロメオ!イイですね!
ツインスパークのエンジンにアルファサウンドのマフラー、どれをとっても五感で楽しむ車に仕上がってますね。

そしてあのエンブレム!

自分の中では世界中の車メーカーの中で1、2を争う格好良さがあります。
ちなみにもう一つはアバルトですが・・・(^_^)v

実は昔から、いつかはアルファかアバルトを所有してみたいとおもっていまして、実はけっこ「毒」にやられてます。
まだまだ暑い日が続きますが、車の冷却も大事ですよ!


ローバ MINIの修理をしました。

内容としては、ちょっと水温計の針が高めになってタイヤハウス側のファンが回らないとのことでした。

まぁ、水周りのことなのである程度、見る箇所は限られてきますが結論からいいますと「サーモスタットの不良」でした。

サーモスタットがうまく開いていないことで冷却水が循環せずにエンジン内の冷却水の温度が高くなり水温計の針がちょい高めになっていたのです。

でもって、外側のファンが回らない原因ですが、MINIの場合、ラジェーターファンは2つ付いてまして、エンジルーム内のファンは常に回っているため、サーモスタットの不良によって循環しない冷却水がラジエター内で常に冷やされている状態にあるので冷却水が規定の水温まで上がずファンが回らないと言うことでした。

サーモスタットは値段の安い部品ですが結構重要な部品です。個人的にですがやはり国産の物より外国産のサーモスタットは壊れやすいように感じますので、外車をお乗りの方は車検2回で1回交換ぐらいしてもイイかもしれませんね。