ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


細かいことですが・・・嬉しいです!\(^^)/
先日、フォルクスワーゲンの車検をさせていただきました。
そこで気づいたのですが

写真を見ていただければかるのでがヘッドライトの中心のバルブを傘の部分に
フォルクスワーゲンの「VW」のマークが入ってます!!!
この事実に始めて知りました。
皆さん知ってましたか!!

その後、フォルクスワーゲンのCMに出てくる車のヘッドライトにも
「VW」のマークが入ってました!!!

なかなかにくいことしてくれますね!!
ちょっとしたことですが、ユーザーとしては嬉しくなります。
ビートでもスカイサウンドのデッキの部分にビートの絵が書いてあったり
メーカーが細部まで気を使って車を造ってる感じがしてきますね。

今度、路駐のフォルクスワーゲンを見かけたらヘッドライトを見てみてください。
でも、くれぐれも車上荒らしと間違われないように気を付けてくださいね。
スポンサーサイト
時には思いがけない物も破損します・・・
BMW 525iの車検をさせていただきました。

年式的にもオイル漏れやブッシュ類の劣化が目立つ年式になってきました。

特にオイル漏れではタペットカバーのオイルシールが熱で劣化してオイル漏れを起こしていました。
劣化したオイルシールはすでにゴムではなくなっていて、プラスチックみたいに硬くなり
簡単に折る事の出来る状態でした。
エンジンに使われているオイルシー類は劣化してくるとほとんどこの状態になります。

後、BMWで多いのは足回りのボールジョイントのダストブーツの破れですね。
ブーツが破けるとボールジョイントの部分に水や泥などが入り込み動きが悪くなったりします。
それが酷くなると異音が出たりガタが出てきます。
せっかくのBMWの足回りも台無しです・・・(TT)
ただ悲しいことはマルチリンクですので足回りのアームは多いです・・・と言うことは・・・
必然的にボールジョイントやらブッシュやらの数が増えますので・・・これまた泣きです。
しかしブッシュはいいのですがブーツは単品部品が出ませんのでアームごとの交換になりますのでこんな時は社外部品を上手く使いましょう。(^^)/
社外部品の中には純正部品のOEMの物もありますので品質もバッチリです!
全部、純正部品を使ってお金が足りませんからね!

後、ちょっとビックリしたことがありまして、純正アルミホイールにクラックがはいっていました。
あまりあることではないのですがホイールのデザインにやアルミの材質によってはクラックが入ることがあります。
一箇所程度であれば補修でもいいのですが、今回は一つのホイールで4~5箇所でクラックが見つかりましたので
さすがに補修では心配だったの交換しました。
メーカーはホイールを軽くするためにホイールの内側を削ったりスポーク部分を細くしたりしますが
1トン以上の車がコーナーを結構なスピードで走っていく時にはかなりの力がホイールにかかりますので・・・。
それを踏まえて設計をしていると思うのですが走行中にホイールが破損したらと思うと
ガクブル((((;゚Д゚))))ものです。

皆さんも洗車と一緒ホイールの点検もしてみてください。
物の考え方はメーカーそれぞれ

ビュイックのパワーウィンドウのモーター交換をさせていただきました。

このパワーウィンドの機構が他の車と違ってまして
通常は電車のパンタグラフのような機構になっていたりワイヤーの巻き取りをりようして台座の上下をさせていますがしますが、ビュイックの場合樹脂でできたベルトを利用して台座を上下移動させています。
このベルトと使うタイプはけっこ珍しいですね。

ちなみに作業はそれほど難しくありませんがDIYでやろうとするとレギュレーターの固定がボルトでなくリベットだったりしますのでドリルが必要だったりリベットの打ち直しがあったりするので気をつけてください。
 
そしてベルト部分のレールはグリスが切れてかさかさになっていたのでグリスを給油してスムーズ動くようにしました。

それにしても、ビュイックのオーナーさんは自らネットを使い、海外から部品を購入して部品代を安く仕入れることによって上手に車と付き合っております。
今回も車を預かるときに海外から取り寄せた部品を楽しそうに見せてくれました。
そんな楽しそうなオーナーさんを見ると少しでも力になれたらと思います。
いいのか?悪いのか?

先日、BMW740iのサイドミラーの交換をしました。

しかしこのサイドミラーにはミラーには秘密がありまして
ミラーの中にオイルが充填されていて
さらにそに電気を流すことによって曇り止めになるのです。
まぁ、オイルヒーター状態ですね。
さすがBMW!サイドミラーが曇ってたら後ろが見えないので危険ですからね!
安全には気を使ってますね!

がしかし、このミラーが高い!値段にして¥45000円ですよ!
しかも新品のころは透明なのに中のオイルが古くなってくると
ミラーが黄色くなってきます。
この状態をはじめて見た人は眩しくないように
減光処理がされてるいるのかと勘違いしてしまうぐらいです。
 
あと、ミラーの角度調整のモーター部分のギヤ折れていたので
折れた破片をつなぎ合わせて修理をしました。

にしても何とかなりませんかね・・・
日本の道は一本奥には入れば狭い道が多いです。
車同士のすれ違いなどでミラーを割ることは大いに考えれます。
その度に45000円は厳しくないですか・・・・しかもオイルが劣化するし・・・
なので純正部品でと言いませんが社外部品で曇り止めの機能を省いた
ミラーのみ部品など販売されませんかね。