ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


直せるものは、なるべく直す方向で・・・

先日、車検で入庫していただいた車が

ハイマウトブレーキランプがつかない状態でした。

最近では、ハイマウントだけはLEDランプを使用した車種も増えてきています。

LEDランプにすることでランプの寿命が延びます。

なのでメーカーはハイマウントランプのLEDが切れないことを前提として作っているらしく

構造的に非分解になっていますが、やっぱり壊れます!!(T_T)

LED自体が駄目になる場合もありますがランプを構成している抵抗やダイオードや基盤の

半田が腐食したりしてLEDがつかない場合もあります。

なのでディーラーではLEDがつかなくなると大半はASSI交換です。

しかもこれが高い!!( ̄▽ ̄;)!!ガーン

小さめのハイマウントLEDランプでも8000円ぐらいはします。

なので今回はあえて分解してみました。

まずはLEDランプを半分に分解しますがこの時、ランプ自体は非分解のため

かなりしっかりと接着されているので本体を壊さないよう時間をかけてカッターなどで

切り離していきます。

中が開けられたら、基盤の半田などチェックして半田のしなおして後は閉めるだけ

この時、水が入らないようにしっかり接着しましょう。

ホットボンドなんか使うと便利ですよ!

作業的には難しくありませんが、ランプを壊さないように分解するまでに少し時間がかかります。

部品を交換するなら簡単ですが、修理で直るものはなるべく直すように心がけたいものですね。
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

錆との戦いはまだまだ続きます!!
先日、ビートの車検をさせていただきました。

ありがとうございます。

しかし、お預かりした時には不動状態(TT)

まずは、「動く状態にせねば!!」と言うことで、色々見ると、どうやら燃料が来ていない感じです。

ビートの持病を言えばECUのコンデンサの液漏れや燃料ポンプリレーなのですが両方ともOKです。

後は、燃料ポンプしかありません・・・と言う事であけれ見ると・・・ビックリです!

燃料タンク内は、サビ・さび・錆だらけです(TT)
  
燃料ポンプも動かない状態で錆だらけでフィルターはすでに目が詰まった状態です。

これで燃料は吸えてるのて感じですね。

燃料計のフローと錆び色に変色しています。

ビートの性質上、なかなかファーストカーになれずセカンドカーと言うことから

燃料を満タンにしてない状態が長く続くので湿気などで中が錆だらけになってしまいます。

こうなると、燃料タンクを外してタンク内を綺麗にしてコーティングという手もあるのですが

今回はまだ部品が出るのでタンクと燃料計のセンサーと燃料ポンプを交換することにしました。

もう20歳のビートです、新品部品が出るのであれば今のうちに新品部品での交換をお勧めします。

しかし、いざ注文すると、燃料ポンプが品切れ中と言うことでメーカーバックオーダーで

入荷が10月らしいです・・・しかも部品代が4万4800円とかなり高額になっております。

これは痛いですね・・・TT

でもタンクの方は意外に安く28500円とまだ良心的です。

旧車の場合、バックオーダーでも部品が出るだけありがたいのでしょうがないのでしょうかね・・・

でも近いうちに、うちのビートもチェックしてみようかな・・・

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク