ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


小泉自動車版スカイサウンドだ!
今年に入って、ビート20周年記念オプションが発売されました。

中でもスカイサウンドは当社でも取り付けをさせていただき

その完成度はさすがだなと思ったのですが・・・

うちの整備士が、負けてられませんとばかりにスカイサウンドを作製!

「祝ビート販売20周年記念小泉自動車版スカイサウンド!!」(ナガ・・・)

純正のスカイサウンドがとっくの昔に取り外して、某オークションに出してしまったらしいのですが・・・

さて今回用意した物はこちら
0361.jpg

最近だと新車のバンタイプの軽自動車などでお目にかかるスピーカー一体型の1NIDタイプのカーステです。

これを分解してスピーカー部分と操作パネル部分を真っ二つにします。

中の基盤は半田ゴテをつかって操作パネル・液晶パネル・スピーカーを配線をかえして半田付けをします。


後はプラバンをインパネサイズにカットして、操作パネルやらその他もろもろの配置を決めます。

もともとスカイサウンドの収まるスペースは以外と広いので、そこに基盤を押し込みます。

でもって完成はこちら!!


ちゃんとコンパクトにまとまってますね。

しかもセンタースピーカーまでとは・・・てっいっても実はこのカーステ外部スピーカーに対応していないので

出てくる音楽はモノラルなんですよね。

左右にスピーカーがあろうがセンタースピーカーを増設しようが関係ないのです!(^^)/

しかもビートでエンジンがいい音してくれますのでモノラルで十分です!

それに最近のくるまで音楽を聴くとなるとipodなどをFMトランスミッターで使用するので

CDやカセットなども要りません!

ラジオがあれば十分なので、これで事足りるのです!

お金をかけずにあるもので作ったにしてはなかなかの完成度ではないでしょうか。

スカイサウンドの故障でカーステをグローBOXのスペースに移設したり

インパネを2DIN用に改造したりと皆さんいろいろしてますが、これもなかなかよくないですか!!
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

新しい仲間が加わりました!
4月になると新しい出会いがいろいろある時期ですが、小泉自動車でも新しい仲間が増えました!

彼の名は、「フォード Ka」!!


小型車好きの自分としては、たまらない車です。

1年ぐらい前に、お客さんがもう乗らないと言うことで、廃車にするのはもったいないので

譲っていただき少し眠らしておきましたが、いい加減かわいそうなので目覚めさせることにしました。

もったいない理由は、なんと走行距離がまだ「14000Km!」と言う距離です。


日本現存するKaの中でもかなりの低走行車両ではないでしょうか・・・もしかしたら1番少ないかも・・・(言い過ぎか)

ともあれ、新しい仲間が加わりました。

当時フォードがニューエッジデザインと称して思い切ったデザインがとてもイイです。

ビートと同じように今でもあまり古臭さを感じさせません。


クロバンパーの使い方も上手ですね。日本車がこれやをやっちゃうと「バンですか」と言われちゃいますからね。

ベンツやBMWでもそうですがヨーロッパ車はクロバンパーや無塗装の黒いモールをデザインとして

取り入れるのがすごく上手です。

もともと車文化が違うのでバンパーはぶつけてもいいもの、傷ついたら即交換すればいいじゃんと言う感じですからね。

マニュアルミッション好きとしてもたまらないでね・・・と言うよりは発売された車両はマニュアルミッションしかなく

「乗れたらエライ!」みたいなCMキャッチコピーでした。

オートマミッションが支流の日本では、まぁ売れる訳ないですよね。

年式も12年式と新しいですがなんとエンジンはOHVです。


この年式でOHVなんて有り得ないですよね!?

でもよく回るエンジンで元気いっぱいなんですよね。

ビートと一緒で小さいエンジンをめえいっぱい回して走るのは実に楽しいです。

余談ですがエンジンはオイルを入れるフィラーキャップがありますが、Kaの場合はデカいです!


これは通常、エンジン内の未燃焼ガス(ブローバイガス)を再度取り込む為にタペットカバーと

スロットルボディーをつなぐホースがあるのですが、タペットカバー側にホースをつなぐ場所が無いため

キャップを大きくしてそこからブローバイガスを逃がすことにしたため、結果大きくなって

さらにキャップを回して閉めこむことが出来ないので込み式にしたんだと思います。

後、変わったところでば、外車のカーステはスイッチの一部が取り外しますができたりします。


これは盗難防止の為なのですが、取り外したスイッチの裏を見ると、ちゃんとクリップが付いていて

胸ポケットにしまえるようになっています(たぶんですが・・・)変なとこにこだわってますね(^^)


後はやっぱりサンルーフでしょうか!


昔は日本車でもかなりの車種でサンルーフの設定がありましたが、今ではほとんど無くなりましたね。

ビートみたくオープンカー程ではないですがやっぱり開放感はありますね。

まぁ、新しい車が来るとどんなドラマが待っているのかワクワクしますが、ビートがへそを曲げない様にしたいと思います。

ちなみに代車としてもお貸ししておりますので、車検等で代車で乗ってみたい方は言ってください。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク