ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


いつも車検や点検の入庫ありがとうございます
ビートの車検と点検をさせていただきました

ありがとうございます。m(__)m



一台は昨年、限定発売されたモデューロのショックが入ってました


赤と白のコンビネーションがカッコいいじゃないですか

乗った感じもどちからと言うとソフトな
方で純正と同じ感じです。


車高も高めでコーナーではロールを楽しむ方向ですかね


もう一台も特に問題はなかったのですが

運転席のドアを閉めるときなどでガタッと音かすると言うことでドアをばらしました。


結果から言うとパワーウィンドーのレギュレターの取り付けボルトが一カ所緩んでました。

通常はあまり緩んだりしないのですが振動で緩み始めたり

昔何かの作業でさわったときに締めが甘かったりといろいろ考えられますが

同じ症状の方は一度点検してみてはいかがでしょうか


スポンサーサイト
中古部品で上手にやっていこ~!
4月になってそろそろ花粉症の季節も終わりが近づいて

オープンカーの季節になりましたがドライブしてますでしょうか?

さて先日、ビートの修理をさせていただきました。


ありがとうございますm(._.)m

修理と言っても板金なのですが右ドアがかなり傷が付いてます。


ここまで傷があると板金と言うよりはドアパネルの交換になるのですが

今回は、ドアを丸ごと中古ドアと交換させていただきました。


程度のいい中古の部品が見つかると塗装だったり部品代だったりがはぶけるので

通常よりも安く修理できます。


それと今回はオイルパンのスペーサーを追加作業させていただきました。

作業自体はオイルパンをはぐって間にスペーサーを追加させるだけですが

もってこられたスペーサーの出来がけっこいいですね。


アルミ削りだしでガンメタのアルマイト仕上げになっております。

さてオイルパンは外したついでに汚れていたのでサンドブラストで綺麗にしました。


ちなみにガスケットは液状ガスケットで、塗りすぎず薄すぎずで塗りすぎ注意です。


さらにちなみオイルストレーナーを
記念写真!


オイル管理がいいのでめちゃめちゃ綺麗です。

さてスペーサーによって500ccオイル量が増えました。

高回転を使うビートにとってオイルは生命線です。

500ccでも増えるとありがたいですね(o^∀^o)

しかし問題もありまして(と言ってもたいしたことないですが・・・)


スペーサーをはさむのですから当然オイルパン自体の位置が下がるので

駐車等によるオイルパンへのヒットだけは気を付けてください。




料理も修理も一手間がポイントです!
先日、BMW 330Ciの修理をしました。


修理内容はタペットカバーパッキンの交換とロアームブッシュの交換です

タペットカバーシールからのオイル漏れは定番の修理ですが

放置しておくとエンジンの脇を通過するマフラーに垂れて

焦げ臭いにおいがしますので早めの交換をオススメします。


ですが交換の際、ポイントがあります。

最近プラスチック化されたタペットカバー。

以前、ブログでタペットカバーのひび割れによりオイル漏れがあったことを書きましたが

長年、外されること無かったタペットカバーはエンジンにはりっいてなかなかとれません。

この時、強引にはぎ取ろうとするとヒビが入るかもしれませんので「念には念を!」と言うことで

ここは一手間かけてドラーヤーかなんかっで少し暖めてやると気持ちとれやすくなります


寒い季節は特にこう言った一手間が大事になります。

ロアームブッシュも定番修理ですね。


ブレーキを踏んだときにタイヤが「ガクン!」て動いたりハンドル振動が伝わるようだと

ロアームブッシュが切れてる可能性がありますので交換しましょう!

ドライブするにはイイ季節になりました、きちんと整備して気持ちよく出かけましょう!
3月がやっと終わりました・・・お疲れ様ですm(._.)m
車業界、恒例の3月が終わりました。

車業界は3月になると自動車税の絡みやら

もともとの車検台数などの多さなどから非常に忙しいのですが

それにもまして今年は消費税UPの影響からか

いつもの年よりも忙しくブログの更新も出来ずにいましたが

ようやく落ち着いたので更新しました。

さて今回の話ですが3月にビートの車検をさせていただきました。


ありがとうございます。


内容的にはエンジン周りで言いますとタイミングベルト、ウォーターポンプ

サーモスタット、オイルシールなど基本的な消耗部品を交換。

続いてはマフラー!


付いていたマフラーは初期のフジツボマフラーだと思いますがサビだらけで朽ち果てていたのだ

今回はシングル出しのフジツボマフラーに交換させていただきました

一応、車検対応のマフラーと言う事で今回は音は静かですが出口は結構大きめなので

以外に迫力があります!

更に足回り関係では前後のブレーキローターをブレーキパットを交換しました。


ブレーキローターに関しては外側は綺麗に見えても内側はサビが進行してる場合があります

ブレーキの効き具合などにも影響してきますので変えたないなと思ったら変えましょう

そしてさらにリヤスポイラーの塗装!


リヤスポイラーのクリアがはがれて塗装が剥げ剥げでしたが塗装しなおして

だいぶ印象が変わりました。

最後に結構多いオドメーターの不動!
fc2_2014-04-03_22-25-49-807.jpg
ボタンを押しても0キロに戻らない故障ですが・・・

故障具合にもよりますがメーターを取り外して分解その後綺麗にして

最後にグリスアップで軽くプシュッと一吹きやるとして直る場合があります。

この時ポイントはグリスアップで使う物はドライ系の物を使ってやるのがベスト!

出もって最後はレンズを綺麗にして組み付けましょう。


けっこう汚れてますよ~

これでまた元気に走れるビートを見ることが出来ます