ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


オートテンショナーだって壊れますよ
今回もBMWのお話です。

先日X5の車検をさせていただきました。

ありがとうございます。

そこでベルト鳴きがするとのことでディーラーで以前にベルトを交換したらしいのですが

それでも収まらないとのことでしたので改めて見てみると・・・

オートテンショーナーのベルトがずれています。
画像 11105 画像 11106

これではベルトが正規の位置ではないので音が鳴るわけです。

実際にはずしてみるとオートテンショナーの中のダンパー部分の削れによる不良と判明!

左の写真を見ていただくと解るのですが、駄目なテンショナーはピンの刺さっている部分の隙間が

斜めになってることが解ります。(プーリーとバネの境目の部分です)


もう一枚では、本体の部分の左右の隙間が微妙に違うのがわかります。
(星マークのすぐ横の隙間と反対側の隙間です。解りにくかったらごめんなさい)

エンジンはアクセルを吹かすとベルトに負荷がかかりその影響でテンショナーのプーリーが

円を描く様に上下に動きます。

その繰り返しにより中のダンパー部分が削れてプーリーが斜めになりベルトの位置ずれるのです。

昔は珍しかったオートテンショナーも今ではあたり前になりました。

ベルトを調整したり交換してもベルト鳴きが治まらないという方は

一度、オートテンショナーを疑ってもいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hiro883150.blog83.fc2.com/tb.php/155-9aaa6c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)