ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


修理とは車と人との知恵比べなのである!
最近、新しいおもちゃを手に入れました。

年式で言えばビートよりも年上です。

それ・・・ヤマハ ポッケ!


「ビート乗りならゴリラかモンキーかモトコンポだろ(>_<)」

という声が聞こえてきそうですがまぁそこはご愛敬。

でも2年以上も動いてなかっただけあってさすがに

エンジンもかかりませ~ん(T-T)

まぁ、それは知ってて引き取って来たんですけどね

今となっては2ストと言うだけでもありえないのに

さらにこのサイズ!もう二度とこんな原チャリには

お目にかかれないかも知れませんね。

徐々にレストアをしていきたいと思います!(^0^)/


さて、少し前ですがビュイックの修理をしました。

症状はフロントブレーキの引きずり。

まぁ年式もけっこうたつしキャリパーのピストンの固着だろうと思い

オーバーホールをすればOKなんて思っていましたが


???いまいち???

残りはブレーキのマスターシリンダーかと色々悩みましたが原因が判明しまた。

悪さをしていたのはブレーキホースでした。

20年近く整備士をしてますがこんな症状は初めてですね。

ブレーキホースの取り付けステイの内側がさびで膨らみ

ホースを締め付けていました。



この状態でブレーキを踏むとホースは潰れた状態になっていますが

ブレーキペダルの踏み力はけっこう強いのでキャリパーに圧力をかけることはできますが

足を離してキャリパーのピストンが戻るときには戻す力が弱いため

ホースの締め付けを押し広げることができずに圧が保持された状態になり

結果、引きずりを起こすことになっていました。

まぁ日本車ではホースのゴムの部分を直接ステイで固定することはないので

こんなことは起きないと思いますが、年式が古くなってくると

想像してないような壊れ方をする場合がありますので注意が必要ですね。

まぁ、整備をしている側からすれば車と人間の知恵比べをしている感じですかね
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

ピストンを戻すのは通常ピストンのゴムですもんね。この圧力には勝てませんね(^^;
当然、ゴムだって劣化すれば戻す力も弱くなりますし、引きずって熱を持てば劣化するし・・・悪循環だったんですね~。

それにしても、凄い事例ですね・・・勉強になります!
【2012/11/02 05:27】 URL | 月影 #- [ 編集]


いろいろな車種の車を取り扱うといろいろ驚きもありますが勉強になります
【2012/11/08 23:21】 URL | doramusuko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hiro883150.blog83.fc2.com/tb.php/183-eb3f4eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)