ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


小さい部品ですがとても大事です
先日、ビートを代車に出した際にお客様から

ブレーキランプがつきぱなしですよと言われたので見てみました
そして足元に青い樹脂の破片を発見!!


ペダルのストッパーの破片でした。


ストッパーはクッチペダルとブレーキペダルに使われていいて

以前からクラッチペダルの方は無くなっていたのですが

特に無くなっても支障がなかったので

ほっておいたのですがブレーキペダルの場合はそうは行きません

ブレーキペダル側の穴にストッパーがはまるのですが

ストッパーが無くなったことによりブレーキスイッチが飛び出したまんまになり


ブレーキランプが点灯したまま状態になるのです

この状態いだとバッテリーも上がりますし後続車にも迷惑がかかりますので

速やかになおしましたがさすがに21才の車、樹脂関係の部品の劣化には気をつけましょう。

そう言えば、最近のおもちゃはと言うと・・・

タンクの外装は前回書いた通りひどい状態ではありますが内側もけっこうひどいです。

底の方は長年放置されたいたこともあり錆がかなり進行しています。


まずは錆の清掃からから始めたいとおもいます。

今回はワコーズのピカタンを使ってみました。

中の大きめの錆をあるていど取り除き、洗剤でジャブジャブした後に

ピカタンを入れて12時間放置、その後熱湯を入れてさらに12時間!


今回は錆がひどいので念入りにやりました!!

結果かなりきれいになりました、錆はどこに行ったのかと思うくらいに不思議です(^^)/


この後は錆の進行を止めるためにコーティングをしたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hiro883150.blog83.fc2.com/tb.php/185-19349d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)