ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


今日は板金の話!

寒くなりましたが皆さん元気でしょうか

前回のモーターショウーでS660が紹介されて大反響でしたが

今年のモーターショーで気になったのはやっぱりアルトワークスでしょうか!

軽スポーツという枠で車の方向性は違いますがやっぱりワークスみたいな車が出ることは

非常にうれしいかぎりです。

80年代から90年代にかけての軽自動車のパワー競争は今振り返っても楽しい時代でした。

今の軽自動車は時代とともにエコにふりすぎて乗って楽しい車は正直あんまりないようない気がします。

そこに来てのアルトワークス!スズキには拍手を送りたいと思います。

そんな中、先日ヴィヴィオRX-Rの板金修理をしました。

スーパーチャージーに4WDと当時かなり早かった印象があります。

今回はこのフレーム部分を鉄板から作って、リヤクオーターパネル、バックパネルを交換して最後にオーペン!

写真のようにフレーム・フックサポート部分がかなりサビが進行しているのがわかります。

  

この時に大体の寸法をだして1枚の鉄板を寸法に合わせて折り曲げます。

  

パーツを作ったら溶接をしますプライヤーで押さえながら溶接をしていきます。

   
その後、サビ止めをして塗装します。

  

後はオールペンをしていきます。

   


さすがにここまでやるとかなり綺麗な状態になります。

 


ビートも一緒ですが絶版車を維持するのは大変ですね

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hiro883150.blog83.fc2.com/tb.php/237-70686a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)