ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


トルコン太郎でオートマオイル(ATF・CVTオイル)の交換はいかがですが!

最近ですが当社でもトルコン太郎がかなりはやってます!

通常の圧送交換の場合ラジエーターの下側についているオートマオイルの
オイルクーラーのラインの途中で機械を割り込ませて交換作業を行います。
と言ってもトルコン太郎についてはネットにかなり情報が上がっているので
検索してみてくださいね。
写真はダイハツ・MAXですが綺麗になりました。
続いてダイハツ・ムーブこちらも綺麗になりました。
更に続いてトヨタ・クラウンマジェスタこちらも綺麗になりました。
さらにトルコン太郎は古めの車種でも大丈夫ですよ
例えばダットサン!
続いてレクサス・IS250です。
レクサスの場合ラジエターにオイルクーラーが無い車両があります。
ですはどうなってるかと言うとミッション直接オイルクーラーが付いている場合があります。
下の写真がオイルクーラーですが二本出ているパイプは冷却水のラインなので
オートマオイル自体は円盤の中を循環するだけで一切表には出てきません。
 
こうなると通常のやり方ではトルコン太郎はつなげないのですが
当社ではアタッチメントを自作しましたのでこの手のミツションでも交換ができますよ。
是非この機会にオートマオイルの交換はいかがでしょうか!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hiro883150.blog83.fc2.com/tb.php/246-fb01aa50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)