ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


プラスチック部品には気おつけて


写真はフォルクスワーゲンのレベルゲージですがけっこ壊れます。(T_T)

と言うよりはヨーロッパ車全体に言えることなのですがプラスチックの部品が本当によく壊れます。
プラスチックに使われている樹脂自体が悪いのか日本の高温多湿の風土に合ってないのかわかりませんが何年かたっとかさかさになり「パッキ!」とおれます。

しかも結構大事な箇所でプラスチックが使われてます。
サーモハウジングなどは日本車ですとアルミがつ使われてれてましてとうてい壊れる品物ではないのですがBMWでプラスチックの車種がありました。走行中にヒビでも入ればオーバーヒートが予想されます。

まぁメーカーによって交換部品の使用年数はちがいますので期限が切れる前に交換して下さいということなのでしょうかね・・・

車の整備に関する外車メーカーの考え方は飛行機の整備の考え方に近い感じがありまして正常に動いていても使用年数や走行距離が来たら交換してくださいと言う感じです。
日本車ではオイルなどは別としてタイミングベルトなどはその部類にはいるのですが外車の場合はO2センサーなども7万~8万きろで交換してくださいとうたってあります。と言っても交換はしませんがね・・・

なのでベンツなどでディーラーさんに車検の見積もりを出すと一桁違う見積もりのなるのです(^_^)/~
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hiro883150.blog83.fc2.com/tb.php/84-0b017c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)