ホンダ ビートでセカンドーカーライフ!
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。 ホンダ・ビートの事や小泉自動車での修理や出来事を紹介しています。
プロフィール

DORAMUSUKO

Author:DORAMUSUKO
神奈川県横浜市戸塚区の小泉自動車で整備士をしています。
ホンダ・ビートの事や小泉自動車でのことなど紹介してます。
仕事の経験を活かしてビートを楽しく維持できたらいいな~!
よろしく!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター


最近の記事


Twitter

 


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


リンク


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


■ ブログ名:Kennel


リンク


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


ブログ内検索


RSSフィード


宮崎駿監督の2CVの話
先日、ジブリの「紅の豚」やってましたね。

ジブリ作品の中でも珍しく男から見たカッコイイ男とはどうあるべきかみたいな作品で自分としてはとても好きな作品の一つですが、ジブリの作品の中には宮崎駿監督自体が古い車が好きなんだと思いますが作品にちょいちょい出てきますね。

有名どころでは「ルパン三世 カリオストロの城」のFIAT500!
あのFIAT500の激走シーンに心が撃たれた方も多いのでは、かく言う自分もその一人で一時期FIAT500が本当にほしい時期もあり今でもそう思うときもあります。

またクラリスが乗るシトロエンの2CVこれまたいいですね。当社でもたまに車検で入るのですがまさに見た目はコウモリ傘!構造もシンプルですが現代の車社会でも十分に適応できるスペックですね。

でもってですね、今月号のCG「カーグラフィック」に宮崎駿監督書き下ろしの2CVを題材にしたマンガが出てまして思わず買ってしまいました。

マンガの中では2CVとの生活が楽しく描かれてまして・・・と言ってもほとんどが故障したことや苦労したことなどが描かれていて車が好きでない人からしてみたら何でこんな大変な車に乗るのか理解できないと思いますが・・・ただ宮崎駿監督がいかに2CVが好きなのかがすごく良く解るマンガになってます。

まだ最近の車みたく便利な装備もなく人が車に合わせると言うか、車に足りない部分を人が補うと言った感じが何ともいえません。

まさに「世話のかかる子ほど可愛い」てっやっです!

エンジンがかかることだけで一喜一憂するカーライフ、現代の車では考えられないと思いますが、だからこそ車に愛着がわくんだと思います。

その昔、車が家族一員や相棒であった時代からだんだんと高度経済成長の中で、車の車検なんか取らずに3年ごとに買い換えると言った「車使い捨て社会」になり、そのころからでしょうか車を道具とでしか思えなくなった今の車社会は車好きにとっては非常に悲しい物がありますね(T_T)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hiro883150.blog83.fc2.com/tb.php/87-76697eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)